希望の星 ぶろぐ!

明るい「希望」を持って、、、、頑張ろう!

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

京都で時代祭



京都で時代祭
秋の都大路で歴史行列華やかに

 京都三大祭りを締めくくる時代祭が22日、京都市内であり、平安遷都から明治維新までの歴史上の人物に扮(ふん)した祭列が秋の都大路を彩った。

 時代祭は平安遷都1100年を記念し1895年に開始。
室町幕府を開いた足利尊氏が後醍醐天皇を追放した逆賊と見なされ、これまでなかった室町時代の行列が今年から新たに加わった。
午前9時すぎ、桓武、孝明両天皇を祭った鳳輦(ほうれん)と呼ばれる二基の輿(こし)を中心にした神幸列が、平安神宮から京都御所へ向かった。

 正午からは「維新勤王隊列」を先頭に、江戸、安土桃山と時代をさかのぼる順番で約2000人の行列が京都御所を出発。
平安神宮までの約5キロを華やかに練り歩いた。 <解説:引用>
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

秋の高山祭始まる



秋の高山祭始まる
飛騨の匠の技を今に  岐阜

 飛騨の匠(たくみ)の技を今に伝えるきらびやかな屋台が勢ぞろいする秋の高山祭(まつり)が9日、岐阜県高山市の中心部で始まった。

 古い町並み近くの桜山八幡宮の例祭。
糸で人形を操る「からくり」の奉納や、国の重要有形民俗文化財に指定されている屋台がちょうちんをつけて周囲を巡る「宵祭(よいまつり)」などが呼び物だ。

 午前中は小雨模様で屋台は屋台蔵の中で待機していたが、午後1時ごろから晴れ間がのぞき始めた。
待ちわびた観光客たちが、引きそろえられた屋台に向けて、カメラのシャッターを切っていた。

 祭りは10日まで。
市は2日間で約20万人の人出を見込んでいる。
市は屋台と町並みの世界遺産登録を目指している。
<解説:引用>
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

岸和田だんじり祭



岸和田だんじり祭
53年ぶりの「新顔」

 岸和田だんじり祭が15日、始まった。街中で豪快に引き回されるだんじりに、今年は53年ぶりの「新顔」として、南上町(みなみうえまち)の町会が加わった。
「みんなで一緒にだんじりを引き、地域のつながりを深めたい」と考えた一人の青年の思いが四半世紀近くをかけて新興住宅地の住民を動かした。
初舞台を迎えた新だんじりは、心を一つにした人々に引かれて見事なデビューを飾った。

 「ソーリャ、ソーリャ」。南上町の約350人の声が次第に大きくなり、だんじりが近づく。
角で勢いよくだんじりを直角に曲げる「やりまわし」も決まった。
新規参入は1954年の春木南以来。
南上町の自営業、鈴木徹一(てついち)さん(43)は沿道の警備に当たりながら笑顔で見守った。
<解説:引用>
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

手筒花火 夜空照らす 



手筒花火 夜空照らす 
豊橋で「炎の祭典」

 愛知県豊橋市今橋町の豊橋球場で8日、「炎の祭典」があり、手筒花火270発や打ち上げ花火が夜空を照らした。
風下となった観客らは煙に包まれながら歓声をあげた。

 手筒花火は同市が発祥とされ、盛んだ。
祭典では地区保存会など市内の14団体のメンバーらが、竹に縄をまいて火薬を詰めた手筒を抱え、火の粉を浴びた。
<解説:引用>
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

岩国錦帯橋 花火6000発



岩国錦帯橋 花火6000発
川面と夜空彩る6千発 
山口県岩国市

 山口県岩国市の夏の風物詩「第40回錦川水の祭典」が25日夜、同市の錦帯橋周辺の河川敷であった。
約6000発の打ち上げ花火と多彩な仕掛け花火が、ライトアップされた錦帯橋が浮かぶ川面と夜空を彩った。

 4日の開催予定が、台風5号の接近で延期されていた。
船から鵜飼(うか)いと花火の両方の風情を楽しむ企画もあり、大輪を咲かせる打ち上げ花火や、夜空に描かれる仕掛け花火の絵に、見物客から歓声がわき起こっていた。
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

1,000 chess players



1,000 chess players

People play chess at the Rheingold hall in the western German town of Mainz.
The hall fills up with over 1,000 chess players on a regular basis.
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(14)

宮島水中花火大会



宮島水中花火大会
水と光の競演

 水中に投げ込まれた花火が世界遺産の厳島神社を夜空に浮かび上がらせることで知られる「宮島水中花火大会」が14日、広島県廿日市市宮島町であり、約34万6000人(主催者調べ)が海面を彩る5千発の花火を楽しんだ。

 午後7時50分、夜空に打ち上げられた大輪の花火と、海中で爆発して扇形となった花火が厳島神社の大鳥居をシルエットのように浮かび上がらせると、お盆で帰省中の家族連れや浴衣姿の若者らが歓声を上げた。
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

「阿波おどり」始まる



「阿波おどり」始まる
さだまさしさんも踊りに参加

 真夏の徳島を熱い踊りで包む「阿波おどり」が12日、徳島市で始まった。
15日までの4日間、街は熱狂的な「踊るあほうに見るあほう」で埋め尽くされ、1年で最も活気ある時を迎える。
 日中の熱気の残る午後6時、演舞場のちょうちんがともり、三味線や太鼓のリズムに合わせて、「連」と呼ばれる踊りグループが次々となだれ込んだ。

 法被姿の男たちは腰を落として力強く、編みがさに浴衣姿の女たちは手を伸ばして華やかに「ヤットサー」と舞った。

 今年は徳島が舞台で阿波おどりのシーンが印象的な映画「眉山」の公開を記念して、原作小説を書いた歌手のさだまさしさんも踊りに参加した。
 「眉山効果」もあり、阿波おどり実行委員会は、4日間で昨年より多い約130万人の人出を見込んでいる。
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

東京湾大華火祭



東京湾大華火祭
1万2千発の花火 夜空彩る 

 第20回東京湾大華火祭(同実行委員会、東京都中央区、朝日新聞社主催)が11日、東京・晴海で開かれた。
約71万人(主催者推計)が見守るなか、直径400メートルの大輪の花を咲かせる尺五寸玉(直径約45センチ)10発など計約1万2000発が真夏の夜空を彩った。
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

仙台七夕祭 開幕



仙台七夕祭 開幕
笹飾り華やかに 

 仙台の夏を彩る「仙台七夕まつり」が6日、始まった。
仙台市中心部のアーケード街では、朝から大ぶりの笹(ささ)飾りの取り付け作業が行われ、通りは年に一度の華やかな雰囲気に包まれた。
まつりは8日まで開かれ、市民が踊りや演奏を披露する「星の宵まつり」などが行われる。
仙台七夕まつり協賛会では、日曜日に始まった昨年よりやや少ない約200万人の人出を見込んでいる。
祭・行事 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

today's MUSIC