希望の星 ぶろぐ!

明るい「希望」を持って、、、、頑張ろう!

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<シクラメン>



<シクラメン>
冬の花 色とりどりに出荷待ち

 本格的な冬の訪れを前に、愛知県豊川市でシクラメンの出荷作業が続いている。12月までに3万本を扱うという荻野園芸では、1500坪の敷地に建つ温室やビニールハウスに赤、ピンク、紫、白など色とりどりのシクラメンが咲き誇り、出荷を待っている。

 豊川市は全国有数のシクラメンの産地。
同園芸の荻野伸治さん(36)によると「今年は残暑が厳しくなく、涼しいので出来が良い」という。
<解説:引用>
植物・園芸・農業 | permalink | comments(8) | trackbacks(10)

シクラメン出荷ピーク 福岡



シクラメン出荷ピーク 福岡

 クリスマスやお正月を彩るシクラメンが出荷のピークを迎えている。
福岡県朝倉市の園芸農家、竹末春幸さん(33)のビニールハウスでは、赤や白、ピンクの花の鉢が並び、出荷を待つ。

 福岡県は西日本有数のシクラメン産地。
竹末さんは今年新たに手がけた5品種を加え、約40品種、1万5000鉢を年末までに出荷する。
残暑の影響で開花は1〜2週間遅い。
日光を遮る幕をかけたり、扇風機を使ったり、と温度調整に苦労したという。
<解説:引用>
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ヒマラヤ「青い芥子」



ヒマラヤ「青い芥子」

 青いけし
 メコノプシス・ベトニキフォリア
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

キイジョウロウホトトギス 




キイジョウロウホトトギス 
花咲き参拝者魅了(和歌山)

 那智勝浦町那智山、熊野那智大社で、キイジョウロウホトトギス(ユリ科)が咲き、緑の葉に黄色い清らかな花びらが映え、参拝者を魅了している。

 同大社は十数年前から、境内の「神池(かみのいけ)」裏など3カ所の石垣に、計200株を植えている。
夏場は強い日差しを遮るために、農業用の黒い網「寒冷紗(かんれいしゃ)」を掛けるなど、大切に育てている。

 神職によると平年通り、9月中旬から咲き始めた。
10月末ごろまで楽しめるという。

 キイジョウロウホトトギスは、県のデータブックで絶滅危惧(きぐ)2種に指定されている。
紀伊半島南部の山間部の岩場に自生する。
上品な黄色の花が、宮中に仕えた女官・上臈(じょうろう)のような美しさから、名付けられたと言われている。
<解説:引用>
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

世界最大の花 開花



世界最大の花 開花

 イタリア中部のフィレンツェにある博物館で咲いた世界最大の花、スマトラオオコンニャク。
高さ2メートル近くもある。
受粉を行う昆虫を誘い込むために腐敗臭を放っているという。
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

History In A Seed



History In A Seed

An heirloom pea, brought to America by Cheryl Kamera's grandmother.
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

ヒマワリ36万本



ヒマワリ36万本
大輪の花 兵庫・佐用町

 山あいに広がる兵庫県佐用町のヒマワリ畑が満開を迎えた。
同町では90年ごろから休耕田にヒマワリを植え始め、いまでは町内7カ所の畑に計150万本が植えられている。
林崎地区の畑では36万本が大輪の花を咲かせた。
「南光ひまわり祭り」も8月5日まで開催中。
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Green Gods



Green Gods

Ripe when they're green (or yellow or purple), tomatillos are as tasty as they are versatile.
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

夜明けに咲き夕に散るナツツバキ 



夜明けに咲き夕に散るナツツバキ 
兵庫の安国禅寺

 1日だけで花の命が尽きるナツツバキの白い花が、兵庫県豊岡市但東町相田の安国禅寺の門前で見ごろを迎えている。

 直径5センチほどの花は夜明けに咲き、日が沈むとポトリと落ち、風に散る。
シャラノキとも呼ばれ、そのはかなさから、平家物語の冒頭で「沙羅(しゃら)双樹の花の色 盛者必衰のことわりをあらはす」とうたわれている。

 寺の裏山には群生地があり、15メートルほどに育った300本も自生している。真田義永住職は「梅雨のうっとうしさを忘れさせてくれる風情が味わえます」。
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

神戸山中 光るキノコ 



神戸山中 光るキノコ 
ホタルと同じ物質持ち発光

 神戸市北区の山中で、発光性のキノコ「シイノトモシビタケ」が、幻想的な姿を見せ始めた。

 同キノコは、落葉高木であるシマサルスベリの老木に生えている。
根元付近や枝の朽ちたくぼみには現在、高さ2センチ程度のものが50本ほど見られる。
昼間は薄茶色だが、辺りが闇に包まれると淡い緑色の光を放つ。
珍しさから持ち帰る人もいるらしく、有志による見回りも行われている。

 兵庫県立人と自然の博物館などによると、このキノコは、ホタルと同じ「ルシフェリン」という物質を持ち、酵素反応によって光る。
50年代に八丈島で発見後、しばらく島の固有種と考えられてきたが、95年ごろに和歌山で2例目が見つかって以降、三重や大分などの県でも確認されている。

 いずれも湿度の高い梅雨時に現れ始め、数日間のサイクルで枯れては生える。
秋雨前線の影響で9月ごろ再び見られる年もあるという。
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

today's MUSIC