希望の星 ぶろぐ!

明るい「希望」を持って、、、、頑張ろう!

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

「オンフルールの旧港」



 
映画・絵画・小説 | permalink | comments(3) | trackbacks(27)

アルフォンス・ミュシャ



アルフォンス・ミュシャ
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(3)

恋愛十字路



恋愛十字路
1941年
映画広告

アメリカ雑誌に掲載された 映画【恋愛十字路】のヴィンテージ宣伝広告。

【縦 34cm×横 25cm】
※原題【Unfinished Business】
出演: アイリーン・ダン  ロバート・モンゴメリー
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

アンリ・ルソー

アンリ・ルソー

アンリ・ルソー

 ルソーの自画像です。
これは、パリで開かれた万国博覧会が強烈に印象に残ったルソーが博覧会の閉幕後に描いた自画像です。
後ろに博覧会の様子がみえます。
ベレー帽にパレットを持ったルソーの自画像は「自分は芸術家だ」と主張しているようにも見えますね。
プラハの国立美術館にあります。
<解説:引用>
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

【シャルダン夫人】



【シャルダン夫人】
ジャン=バティスト・シメオン・シャルダン
[フランス 1699-1779] 

シャルダン夫人
[パステル 46×38.5僉1775] 
ルーブル美術館
[フランス] 
画面ににじみ出るモデルへの愛情と誠実さ
<解説:引用>
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ゴスラーの街並み



ゴスラーの街並み

ドイツ
  ゴスラー
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ポール・ゴーギャン



ポール・ゴーギャン
「アレアレア」

 1848年パリ生まれ。
23歳頃から絵を描き始め、次第に印象派に傾倒していく。
ベルナール、ゴッホ、セルジエたちとの交流をとおし、色を単純化した大きな面に分割して描く、装飾的な表現へと進む。
後に南国タヒチに制作の場所を移し1903年没す。
<解説:引用>
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『農家の婚礼』



『農家の婚礼』
(1568)

ブリューゲル
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

セルジュ・ラシス



セルジュ・ラシス
  「森の乗馬」
    リトグラフ

セルジュ・ラシス(Serge・Lassus)
       1933年 フランス南西部の町ビアリッツに生まれる。
       1950年 パリ装飾美術学校に入学。
       1955年 パリの広告代理店"PUBLICITAS"に入社。印刷物のイラスト       を担当。
       1959年 初個展を故郷ビアリッツで開催。大好評を得、画家として       本格的に活動を開始する。
       1981年 以降、パリ、ボルドー、オンフルール、ニースなどフラン       ス各地をはじめ、スイス、イタリア、スペイン、アメリカで個展を       開催。
       美術学校時代から、セザンヌやデュフィなどから影響を受け、色や       形に単純化と唯美主義を追求した絵を描き、女性には高価な衣装を       まとわせたロマンス派的心情を、馬には先史時代や古代のフレスコ       画の形を、鮮やかで非現実的な背景に取り入れ、神秘的な雰囲気を       いっそうかもし出している。
    <解説:引用>
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

奈良薬師寺 薬師三尊像



奈良薬師寺 薬師三尊像
光背はずし、背中あらわに 

 日本の仏教彫刻の最高傑作の一つ、奈良・薬師寺の薬師三尊像(8世紀初めごろ、国宝)から、仏の後光を表す舟形光背(こうはい)(17世紀)が取り外された。
安置されている金堂の落慶(76年)以来31年ぶり。
普段は光背に隠れている3像の背中があらわになり、丸みを帯びた優雅な姿を見ることができる。

 堂内の彩色修理や来春に東京である展覧会の準備のため、今月中旬から取り外しを進めていた。
本尊の薬師如来坐像(ざぞう)(高さ2.55メートル)を挟む、左の日光菩薩(ぼさつ)立像(同3.17メートル)と右の月光菩薩立像(同3.15メートル)は、肩にかかる天衣(てんね)や腰につけた裳(も)の流れるような線が美しい。肩や背中は意外な量感にあふれている。

 日光・月光両像は来春、展覧会のため初めて寺を離れる。
三尊が光背とともに元の姿を取り戻すのは来夏ごろという。
<解説:引用>
映画・絵画・小説 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

today's MUSIC