希望の星 ぶろぐ!

明るい「希望」を持って、、、、頑張ろう!

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Tom Ford | main | Goldfish swim >>

宮沢賢治「雨ニモマケズ」の手帳 



宮沢賢治「雨ニモマケズ」の手帳 
12年ぶりに公開へ

 宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」が書かれた手帳と、賢治が描いた絵画5点が12年ぶりに全国各地で公開される。
萬(よろず)鉄五郎記念美術館(岩手県花巻市)が中心になり、「絵で読む宮沢賢治展」を企画。
14日の同記念美術館を皮切りに1年間かけて全国6カ所を巡回する。
これらの手帳や絵画の全国公開は、賢治の生誕100年を記念して95年から96年にかけて各地で展示されて以来となる。

 本物の手帳や絵画の展示は傷みが進まないよう、各会場で2週間ずつに限定。
賢治の遺族がかかわり、手帳などを所蔵する林風舎の宮沢和樹社長は「手帳も絵画も次第に傷んだり、色あせたりしています。その一方で、本物を公開し、多くの人に賢治の世界を知ってほしい。悩ましいところです」と話している。

 有名な「雨ニモマケズ」の詩は、賢治が亡くなる約2年前の1931年11月、病床で手帳に鉛筆書きされた。
12年前に初公開された手帳は今、背表紙部分の傷みが目立ち始めている。
また、5点の絵画のうち、3点の水彩画は色あせが心配されている。
特に岩手山や早池峰(はやちね)山をイメージして描いたとされる「日輪と山」は、全体が淡い青色で幻想的な雰囲気をかもし出しており、色があせるのは致命的だ。
文学・詩・文芸 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/07/13 9:39 PM

today's MUSIC