希望の星 ぶろぐ!

明るい「希望」を持って、、、、頑張ろう!

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Chinook salmon | main | 姫路城 >>

キイジョウロウホトトギス 




キイジョウロウホトトギス 
花咲き参拝者魅了(和歌山)

 那智勝浦町那智山、熊野那智大社で、キイジョウロウホトトギス(ユリ科)が咲き、緑の葉に黄色い清らかな花びらが映え、参拝者を魅了している。

 同大社は十数年前から、境内の「神池(かみのいけ)」裏など3カ所の石垣に、計200株を植えている。
夏場は強い日差しを遮るために、農業用の黒い網「寒冷紗(かんれいしゃ)」を掛けるなど、大切に育てている。

 神職によると平年通り、9月中旬から咲き始めた。
10月末ごろまで楽しめるという。

 キイジョウロウホトトギスは、県のデータブックで絶滅危惧(きぐ)2種に指定されている。
紀伊半島南部の山間部の岩場に自生する。
上品な黄色の花が、宮中に仕えた女官・上臈(じょうろう)のような美しさから、名付けられたと言われている。
<解説:引用>
植物・園芸・農業 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック

today's MUSIC